30〜40代からでも英語を話せるようになりたい人の勉強法【英語学習のロードマップ】

この記事はこんな人におすすめ

  • もう30代(40代)だし、今さら英語を勉強しても話せるようにはなれないかも
  • 英語が話せるようになりたいけど、年齢的に今さら留学する余裕もない
  • なるべくお金をかけずに英語が話せるようになる方法が知りたい

そんな思いでこの記事にたどり着いた方がきっと多いと思います。

英語を話せるようになりたい」と誰しもが一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

私は年齢関係なく正しく勉強すれば誰でも英語が話せるようになると確信しています。

私は、30歳の時に英語力0から学習をスタートし、サラリーマンとして働きながら独学のみで英検準1級取得、ネイティブとも楽しく会話ができるようになりました。プロフィール参照

本記事では、私のこれまでの学習経験に基づいて、ゼロから英語学習を始めても話せるようになる効果的な勉強法をまとめて解説します。

この記事を読めば、年齢関係なく大人になってからでも英語が話せるようになる方法が体系的に理解できます。

この記事は、「大人になってから英語が話せるようになる方法」を体系的にどこよりもわかりやすく解説しています。
文字数が1万字以上あるので、ブックマークして見返せるようにしておくのがおすすめです!

記事の内容
  • 30代以降からでも英語学習が遅くない理由と英語学習のメリット
  • 英語学習の全体像
  • インプット学習でやるべきこと
  • アウトプット学習でやるべきこと
  • 英語学習は長期的に取り組むべき

すぐに学習法から知りたい方は以下から読むことをおすすめします。
≫英語学習の全体像へスキップ

本記事のリンクには広告がふくまれています。

目次

30代(40代)からでも英語学習は遅くない理由

30代をすぎると、「英語学習を始めるのはもう遅い」と決めつけてしまいがちですが、決してそんなことはありません。

「大人になってからでも英語学習は遅くない」と言い切れるには2つの理由があります。

英語学習に「年齢は関係ない」と言い切れる2つの理由

  • 言語習得に年齢は関係ないという研究結果がある
  • 私自身30歳で英語学習をスタートし、話せるようになった実体験がある

順番に見ていきましょう。

理由1. 「言語習得に年齢は関係ない」という研究結果がある

マサチューセッツ工科大学の科学者が、「大人の英語習熟速度は子どもとそんなに変わらない」という研究結果を発表しています。
≫参考記事はこちら

つまり、何歳から英語学習を始めても、話せるようになることは可能ということが証明されています。

もちろん社会人である以上、英語学習をしながら仕事や育児との両立は大変です。

時間がたっぷりあった学生の頃とは状況が異なりますが、本人の努力とやり方次第ではネイティブのようにペラペラにもなれるということです。

ただし、何も考えずやみくもに勉強しても英語は話せるようになりません。
大人になってから英語学習を始めるからこそ、子どもとは違い、効果的な勉強法で効率的に勉強していく必要があります。

理由2. 私自身、30歳から始めて実際に英語が話せるようになった

冒頭でも述べたように、私は30歳のときに英語力0から英語学習をスタートさせました。

今もなお学習者ですが、現在はネイティブと英語で楽しくコミュニケーションができるレベルに達することができました。

30歳から独学のみ(海外経験なし)で勉強した私の英会話
※講師に投稿許可をいただいています

40代から英語が話せるようになった人も実際耳にしますし、自分の実体験から年齢は関係ないと断言できます!

いろいろな試行錯誤を繰り返し、遠回りしたからこそわかった効果的な勉強法をこの記事で解説しています。

30代(40代)から英語学習を始めるメリット

「30代、40代から英語学習をスタートさせる意味ってある?」

そう考えてしまう人もいると思います。

私も学習開始当初は、「この英語の勉強は本当に役に立つのかな、時間の無駄になるんじゃないか」と考えてしまったこともありました。

そこで実際に30代で英語が話せるようなった経験から、英語学習のメリットをお伝えします。

30代、40代で英語が話せるようになるメリット

  • 視野が広がる
  • 人生の選択肢が増える
  • 交友関係が広がる

1つずつお話します。

視野が広がる

英語ができるようになると確実に視野が広がります。

外国人とコミュニケーションをとることができれば、日本生まれ日本育ちの我々には持っていない考え方や視点を学ぶことができます。

いろいろな異文化や国際問題についても興味が湧き、目を向けられるようになります。

新しい考え方を吸収することで、オープンマインドな人間になることとができますし、人としても成長できるはずです。

人生の選択肢が増える

英語を使っていろんなことにチャレンジできるようになります。

海外留学」、「外資系企業に転職」、「海外移住」、「国際結婚」など、英語というツールを使えば、人生の選択肢が格段に増えます。

日本語しか話せなかったら、旅行以外は基本的に日本での行動に限定されてしまいます。

私にとって、英語を勉強していなければ当ブログ「英会話を学ぶ旅」も立ち上げてなかったですし、35歳で海外留学(プロフィール参照)しようという決心には至ってなかったはずです。

収入を増やすことができるようになったり、よりやりがいのある仕事を選べたりと、英語はコスパ最強の自己投資です。

交友関係が広がる

上記2つのメリットと似ていますが、交友関係が広がります。

英語が話せると世界中の人たちと友達になったり、外国人の仕事仲間もできます。

もしかしたらその中の1人が生涯のパートナーになるかもしれません。

私はオーストラリア人の親友ができ、キャリアの相談にも乗ってもらっています。

英語を勉強しなければ、おそらく外国人と関わる機会はかなり少ないはずです。

英語が話せるようになるだけで人生が変わるきっかけになります。

「英語が話せるようになる」を定義する

ここまでは、30代〜40代からでも英語を話せるようになる理由と英語学習のメリットについてお話しました。

ここから英語学習法について解説していきたいところですが、
学習法の前にどんな状態が「英語が話せる」ということなのか定義しておく必要があります。

英会話学習は終わのない長い道のりなので、ゴールを決めておくことで目標が明確になります。

英語が話せると言える状態

【高校レベルの文法+高校卒業レベルの語彙力】で英語でコミュニケーションが取れる

これから解説する方法を実践すれば間違いなくこのレベルには達します。

まずは英語学習の全体像を解説します。全体像を理解しておくことで本記事の内容がより分かりやすくなります。

英語の基礎は文法・単語・発音

英語は複雑そうに見えてとてもシンプルな言語です。文法単語発音のたった3つの要素で成り立っています。

以下の例文を見てみましょう。

I went to Starbucks to study English.
(スタバに英語を勉強しに行った)

簡単な文章ですが、それぞれの単語(I, went, study, English)の意味と文法(wentはgoの過去形、to studyは不定詞)を理解していないと意味がわかりません。

文法というルールに基づいて単語が並んでいます。

仮に文法の知識なく英語を話そうとすれば、

文法を無視した場合

Study I went to English.

このような順序がでたらめな英文が出来上がってしまいます。これでは理解不能ですよね。

そしてどのように発音されるかを知らなければ、英語を聞き取ることも聞き取ってもらうこともできなくなってしまいます。

したがって、英語学習をスタートさせるうえで文法単語発音の3つの知識は必須です!

英語が話せるようになるためにするべき2つのアプローチ

英語が話せるようになるためには2つのアプローチが必要になります。

  1. インプット学習で知識(文法・単語・発音)をストックする
  2. アウトプット学習で「使える状態」にする

インプットとアウトプットの理解を深めておきましょう。

インプット=知識や情報を頭に入れる (文法、単語、発音知識など)

アウトプット=持っている知識や情報を外に出す(口から出す)(スピーキング、ライティング)

いくら単語や文法の知識があっても、口から出せる状態にしていないと英語が話せるようにはなりません。

逆に知識もないのに話す練習ばかり行っても、使える表現が増えないので話せるようにはなりません。

つまり話せるようになるための英語学習とは、インプットとアウトプットの繰り返しです。

上の図のように、インプットした知識をアウトプットする練習を重ねることで口から出せる範囲を広げていきます。

インプット学習⇒アウトプット学習⇒インプット学習⇒アウトプット学習、この繰り返しで話せる範囲が広がり英語が話せるようになっていきます。

インプットとアウトプットのバランス

インプットとアウトプットのバランスが偏っていても非効率的です。割合はレベルによって変えるのがおすすめです。

初心者はインプット7割:アウトプット3割から始める

初心者はそもそも知識のストックが少ないので、アウトプットしようと思っても固まってしまいます。

学習開始時は基礎を固める必要があるのでインプット学習を中心に進めていきましょう。

それがアウトプットするための土台になります。

学習開始時:インプット7割:アウトプット3割が理想

基礎が身についてきたら徐々にアウトプット量を増やす

基礎学習を終え、初中級~中級になる段階ではアウトプット量を増やしていきます。

そうすることで「知識として知っている状態」から「話せる状態」にシフトしていきます。

  • 初中級~中級者:インプット5割:アウトプット5割
  • 中級者以上:インプット3割:アウトプット7割

まずは基礎知識をインプットする

ここからは学習方法について解説していきます。

英語の基礎は、文法単語発音の3つとお話しました。そしてインプットとアウトプットの繰り返しによって英語が話せるようになっていくというプロセスも解説しました。

まずは英語の基礎をインプットする必要があります。

英文法の学習法

英文法を知らなければ、正しく相手に伝わる英語も話せませんし、リスニングにおいても意味を正しく理解できません。

まずは網羅的な文法書を1冊用意しましょう。

私が実際に使ったおすすめの文法書を紹介します。(やるのはどれか1つでOK)

おすすめの文法書

キク英文法

有名な文法書です。解説が少なめなので、不明点は自分で調べる必要がありますが、サクッと1周できるので回しやすい文法書です。

ただし、中学レベルの英文法が全くわからない場合は難しいです。

『総合英語 FACTBOOK』

キク英文法とは違ってボリュームがありますが、ネイティブ感覚に基づいて解説が十分あるので、じっくり理解したい人向けです。

私個人的には解説がしっかりあって、例文もわかりやすい「FACTBOOK」が好みでした!

英会話で使える英文法の覚え方3ステップ

英語が話せるようになるための学習は以下のように取り組むのをおすすめします。

英会話で使える文法の覚え方3ステップ

  1. まずは1周熟読し内容を理解する
  2. 2周目理解した文法を使って自分で文章を作ってみる
  3. 作った文章を感情を込めて何度も口に出す

最初は理解することに重点を置き、徐々にアウトプットに力を入れていきましょう。

自分で文を作って口に出していかないと会話で使えるようにはなりません。

話せるようになるための英文法の覚え方は以下の記事で詳しく解説しています。

≫2ヶ月で英会話のための文法をマスターする勉強法

英単語の学習法

文法が完全に理解出来ていても、1つ1つの単語やフレーズを知らなければ言いたいことが言えませんし、相手の話す英語も理解できません。

日常英会話において、最低限言いたいことが伝えられるために必要な語彙数は3000語だと言われています。

高校卒業までに学習する英単語数は3450語ということを考えると、高校レベルまでの語彙を英会話で使えるレベルにできれば、簡単な単語で言いたいことが言えるレベルにはなれるということです。

まずはこのレベルを目指していきましょう。

英会話で使えるようになる英単語の覚え方3ステップ

英単語学習は以下のようにすすめていくのがおすすめです。

英会話で使えるようになる英単語の覚え方3ステップ

  1. 単語の意味をチェック
  2. 意味をイメージしながら発音記号どおりに発音
  3. 自分専用の文章を作り、感情を込めて口に出す

覚えた単語を使って自分で文章を作っていくと、実際の英会話で使える単語がストックされていきます。

また、感情を込めて発音することで英語脳を構築でき、日本語で考えることなく瞬時に英語が理解できるようになります。

話せるようになるための英単語の覚え方は以下の記事で詳しく解説しています。

≫英会話で使えるようになるための英単語の覚え方3ステップ

おすすめの単語帳

最初から難しい単語帳は選ばず、「少し易しめかな?」と思える教材を選びましょう。

大人のやり直し英語学習として最初の1冊でおすすめなのはデータベース3300です。

データベース3300

データベース3300がおすすめな理由は、中学レベル(news, storyなど)から高校基礎レベルの単語までカバーされているので社会人になってやり直したい人にはピッタリの単語帳です!

データベース3300の使い方を以下の記事で詳しく解説しています。
≫最短2か月で英会話の基礎ができるデータベース3300の使い方

私は5年間でいろんな単語帳を試しました。

これまでの英語学習で使って効果的だった英単語帳を下記の記事で紹介しています。英会話のための単語帳の選び方やレベル別で取り組む順番にも触れています。
≫大人のやり直し英語にピッタリな5つの単語帳と単語帳の選び方

発音の学習法

正しい発音を身につけておくことで、ネイティブの英語が聞き取れるようにもなり、自分の英語も相手に聞き取ってもらいやすくなります。

知識としての量は多くないので早い段階から取り組んでおきましょう。

まずは正しい音を知る必要があります。日本語でも「あ」がどんな発音が正しいか皆さんわかるように、英語でも正しい音があります。

そのためにまずは発音のルールを覚える必要があります。それが発音記号です。

発音記号とは?

言語の発音を「言語の発音を表記した記号」のことです。基本的に、全ての英単語はこの発音記号に基づいて発声されます。
(例)láibrèri, læst 

発音記号が何かわかったところで、発音学習の取り組み方は以下のようにすすめましょう。

独学できれいな発音を身につける3ステップ勉強法

  1. 発音記号とその口の動きを覚える
  2. 発音記号に基づいて実際に発音してみる
  3. 録音するなど、自分の発音をチェックする

発音記号に基づいてに発音できるようになれば、ネイティブレベルとはいかずともコミュニケーションにおいて困ることはなくなります。

一見難しそうに見える発音記号ですが、アルファベットが基になっている記号も多いので1週間ほどで知識はインプットできるはずです。

書籍で発音記号を学習するのにおすすめなのは英語耳という教材です。発音記号1つ1つの解説が詳しく書かれています。

正しい発音を独学で身につける方法は、以下の記事で詳しく解説しています。
≫独学できれいな発音を身につける勉強法を徹底解説!

暗記量の少ない発音記号を最初に覚えておくと今後の学習が楽になります。後から発音を矯正する必要がなくなるからです。

インプットした基礎知識を3つの方法でアウトプットする

文法単語発音の3つの基礎をインプットしながら、アウトプットして使える英語にしていきます。

アウトプットに最適な3つの方法をご紹介します。

3つのアウトプット方法

  • 独り言英会話
  • オンライン英会話
  • 英語日記

順番に解説していきます。

独り言英会話

新しい知識をインプットするたびに独り言でアウトプットして話すトレーニングをしていきます。

独り言と言っても、架空の人物が目の前にいると思って、今日あった出来事や、今の気持ちなど思ったことを英文にして口に出していきます。

独り言で学んだ文法や構文、単語の知識を使って表現してみることで、「知っている」状態から「使える」状態に変わっていきます。

例えば仮定法で、I wish ~ (~だったらいいのに)と学んだ日にはこの文法を使ってたくさん独り言をしてみましょう。

I wish I were rich. (お金持ちだったらなあ)

I wish I were taller.(背がもっと高かったらなあ)

I wish I had more time.(もっと時間があればなあ)

最初は1つの英文を作ることも時間がかかりますし、簡単な文章しか作れないはずです。

練習すればするほどスピードも速くなり、長い文章が作れるようになっていきます。

独り言は始めは負荷がかかってしんどいですが、必ず力になります!

以下のリンクより、独り言で英語が話せるようになる方法を詳しく解説しています。
≫「独り言」で英語が話せるようになるやり方を徹底解説!

オンライン英会話

英語を話せるようになるにはオンライン英会話はマストです。

独り言のみでは一方通行に話を進めてしまいますが、会話は相手とのキャッチボールです。

相手からの予測していない質問にも答えたり、こちらから質問したりする力も付けることで真の会話力が身につきます。

オンライン英会話もやみくもにレッスンを受ければいいわけではなく、必ずテーマを持ってレッスンに臨みましょう。

オンライン英会話は以下のようにすすめるのが効果的です。

オンライン英会話効果的な使い方

  1. レッスンで話すトピックを決める
  2. 事前にシミュレーションしておく(独り言もしておくと◎)
  3. 使えるようになりたい文法・単語を用意してレッスンで使う

事前準備なしでレッスンに臨んでしまうと、自己紹介や、話し慣れている話題で会話してしまいがちですよね。

①あらかじめトピックを決めて、②どんな会話になるかシミュレーションしておき、③使えるようになりたい表現を用意しておき実際にそれを使ってみる。

この方法は英語系YouTuberのATSUさんの使い方を真似したものですが、とても有効でした。

初心者の場合は完全にフリートークになるとついていけなくなってしまいます。

慣れるまで初心者教材を使って進めていきましょう。

初心者におすすめのオンライン英会話は下記の記事で詳しくお話しています。
≫【無料体験あり】初心者におすすめしたいオンライン英会話5選

英語日記

英語日記も実はスピーキング力をアップさせてくれるアウトプット学習の1つです。

「日記を書くことで英語が話せるようになるの!?」と思われがちですがかなり効果的です!

なぜならスピーキングは頭の中で英作文しそれを瞬時に口から出している状態です。

つまり、その頭の中での英作文を英語日記を通して実践することができるからです。

日記に書くことって普段身の回りに起きること、日頃頭で考えていることですよね。

日記に書けるくらいパーソナルなことを英語で言えるようになれば、英語が話せるようになるということです。

ここでも学んだ単語や文法を使って文章を作ってみましょう!

英語日記を使って英語が話せるようになる効果とやり方については以下の記事で詳しく解説しています。
≫英語日記の効果と効果的なやり方についてはこちら

英語学習は長期的な視点で取り組む

ここまで英語が話せるようになるための学習法をお話してきましたが、英語は1、2ヶ月で話せるようにはなりません。

ゼロから英語を習得するには最低2200時間必要

英語習得に必要な時間は2200時間と言われています。この2200時間というのはアメリカ国務省の機関「The foreign Service institute (FSI) 」が出している数字です。

厳密に言うとアメリカ人が日本語習得にかかる時間の目安ですが、言語習得に必要な時間は、「言語間の距離」に基づいています。

つまり、どれくらい英語と日本語が違うのかが英語習得時間に関係しているので、2200時間必要と言えます。

そして私たちは学生時代に合計1000時間ほど英語を勉強していると言われています。したがって、単純計算で残り1200時間学習すれば英語を習得できると言えます。

もちろん、学生時代に習ったことをほぼ忘れてしまっている場合は当然より多くの時間が必要です。

すぐに結果が出ないのはあたり前だと思って英語学習を継続しましょう!

英語学習を継続するためのコツ

英語習得には時間がかかります。すぐに結果が出ないので挫折してしまう人も多いのが現状です。

私も最初の1年は英語力がなかなか伸びず何度も挫折しそうになりました。

5年以上英語学習を続けられてきたからこそ言える学習継続のコツを以下にまとめました。

目標設定をする

英語学習に限らず、目的を達成するためには目標設定が大事です。ただ何となく英語が話せるようになれたらいいなぁと思って英会話学習を始めても継続するのは難しいです。

何のために話せるようになりたいのか?

いつまでに話せるようになりたいのか?

英語を学ぶ目的と、そのためにどうするかがはっきりしていれば、挫折しそうになった時でも初心に戻ることができます。

以下のリンクより、英語学習の目標設定方法について詳しく解説しています。
≫英語学習の目標設定方法についてはこちら

英語力の成長記録をつける

英語力の成長の実感が感じにくく、モチベーションが下がってしまうことがあります。

そこで、現在の英語力を英語力を残しておくことをおすすめします。自分の英語を録音しておき、ずっと残しておきましょう。

3か月、半年、1年とそれぞれ録音しておくと、変化が目に見えてわかりやる気がみなぎってくるはずです。

自分が楽しいと思える学習法を取り入れる

英語が話せるようになるための体系的な学習方法を解説してきましたが、「勉強勉強」ではしんどくなってきてしまいますよね。

時には自分が楽しいなと思える学習方法を取り入れるのがおすすめです。

  • 好きな海外ドラマを見ながら英語表現を学ぶ
  • Twitterやインスタで海外俳優をフォローして投稿を見て学ぶ

※基礎英語力は必要になります

勉強が嫌になってきたら楽しいコンテンツに英語で触れてみるのがおすすめです。

さあ、英会話学習を始めて人生を豊かにしよう!

私の英語学習経験のすべてを出し惜しみなくこの記事にまとめたので、かなりの長文になりました。

本記事でお話した勉強法は、私が過去5年の試行錯誤で気づいた効果的かつ効率的な方法です。これらの方法を実践すれば、早く英語が話せるようになるはずです。

ただし、しっくりこないと思ったなら別の学習法を選択するのも1つです。自分に合った方法が正解だからです。

もちろん、いいところだけを取り入れてもらってもいいと思います!

英会話学習は長い長い旅のようなものです。

30歳から5年以上英語を勉強している私も、毎日のように知らない単語やフレーズに出会って学びの毎日です。

この長い旅を楽しみながら継続することで英語が話せるようになっていきます。

私のコンテンツを見て、少しでも英語学習に取り組む人たちに参考になれば幸いです。ぜひ英会話を学ぶ旅を楽しんでくださいね。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次